スポンサーサイト

  • 2010.06.11 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


小林氏陣営会計担当に有罪=北教組違法献金事件―札幌地裁(時事通信)

 民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=陣営が北海道教職員組合(北教組)から違法献金を受けた事件で、政治資金規正法違反(企業・団体献金の禁止)罪に問われた陣営の会計担当木村美智留被告(46)の判決公判が9日午後、札幌地裁で開かれた。辻川靖夫裁判長は禁固6月、執行猶予3年(求刑禁固6月)を言い渡した。 

【関連ニュース】
小林氏陣営、会計担当に判決=北教組の違法献金事件
民主・辻議員、検察審事務局に接触=陸山会事件への影響は否定
「不関与・疑惑なし」が明確に=小沢氏が不起訴処分でコメント
大久保元秘書の訴因変更を決定=陸山会事件を追加
小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ

園児が正しい歯磨き学ぶ 足立区の保育園で「いい歯チャレンジ教室」(産経新聞)
普天間、日米合意守る=菅首相(時事通信)
脳外科の第一人者提唱「育脳メソッド」「良い習慣」を磨く大切さ(産経新聞)
<民主代表選>4日にも新内閣誕生 菅氏有力、枝野氏ら支持(毎日新聞)
菅首相会見詳報(6)「サミットで米大統領と会談できる」(産経新聞)

「ショック」「評価したい」=戸惑いや不安、期待の声も―首相辞任で民主党議員(時事通信)

 「ショック状態」「評価したい」―。鳩山由紀夫首相が突然、小沢一郎民主党幹事長とともに辞任すると表明した両院議員総会。出席した議員は険しい表情を浮かべ、重そうな足取りで会場を後にした。一様に戸惑いや不安を口にしたが、局面打開を期待する声も聞かれた。
 「政治とカネ、普天間の責任を取って2人一緒に辞めることは評価したい」と話したのは、改選を迎える芝博一参院議員。地元の三重でも鳩山首相や小沢幹事長への批判は出ていたが、民主党の政策が悪いという声はないといい、「政策や実績を訴えやすくなった」と期待を込めた。
 石田勝之衆院議員も「賢明な判断だ。麻生太郎前首相を引きずり下ろす声が吹き荒れた時のような醜態をさらさなくてよかった」と評価した。
 「残念で悔しいが、党としてのけじめを付けたいという思いは多としたい」。衆院議員の長島昭久防衛政務官は一定の評価をしつつ、「国民は局面を打開したとは思わない」と指摘。逆風の参院選については「劇的に挽回(ばんかい)するとは思えない」と話した。
 参院議員だが非改選の高橋千秋経済産業政務官は「党内はショック状態で、悔し涙を浮かべている議員もいた」。参院選については「気分が変わると思うが、小沢さんでなくて仕切れるのか」と不安を漏らした。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜社民、連立政権を離脱〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜

「岡本ホテル」事務所など家宅捜索を開始 出資法違反の疑い(産経新聞)
<宇宙種>再度打ち上げ…同じ種類、JAXAが方針(毎日新聞)
郵政法案で対立激化、亀井・原口氏の不信任検討(読売新聞)
大麻所持容疑でヒップホップミュージシャン逮捕(産経新聞)
若手芸術家の公募展で表彰 都現代美術館(産経新聞)

「徳之島への訓練移転、島民は反対」=伊藤・鹿児島県知事が発言(時事通信)

 鹿児島県の伊藤祐一郎知事は27日午後、鳩山由紀夫首相が出席した全国知事会議で、米軍普天間飛行場移設に伴う米軍訓練の徳之島移転について「島民のほとんどが反対だ。大変厳しいと端的にお伝えしたい」と述べ、受け入れられないとの考えを強調した。
 これに対し首相は「日米合意文書の中に、訓練の移転も含めて徳之島にお願いできれば(と考えている)」と語り、28日に発表予定の日米共同声明には訓練の移転先として「徳之島」が明記されることを明らかにした。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

日本、“W杯前哨戦”は惨敗…国会議員VSアフリカ大使館連合の親善サッカー(スポーツ報知)
<裁判員裁判>「責任取ってから死んで」 死刑望む被告に(毎日新聞)
刑務官暴行 「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
<吉本興業>「笑いは健康によい」科学的に実証(毎日新聞)
事故相手を車の天井に乗せ、200m逃走(読売新聞)

<口蹄疫>「このままでは町壊滅」 終息見えず(毎日新聞)

 宮崎県内で感染拡大が止まらない家畜伝染病、口蹄疫(こうていえき)。感染が疑われる牛が最初に確認されてから20日で1カ月になるが、終息する兆しはない。殺処分対象の牛や豚などの家畜は10万頭を超える見通しで、全国に影響が拡大しないか懸念されている。すでに、宮崎県内の畜産業は大打撃を受けており、農家の悲痛な叫びは高まる一方だ。【佐藤浩、石田宗久】

 ◇宮崎・川南、半数が殺処分

 「畜産は命をつないでいく仕事。殺すの(殺処分)は苦しい」。被害が最も深刻な川南町で、約30年前から養豚を営む丸一正博さん(60)は嘆いた。

 5月7日午前5時ごろ。豚舎はまだ薄暗かったが、すぐに気づいた。母豚の足元がふらつき、口元に赤い発疹(はっしん)ができていた。「ついに来るべき時が来た」。宮崎家畜保健衛生所に通報した。

 飼育する約700頭全頭の殺処分が始まったのは13日。「最後まで見届けたい」と、注射で薬殺を続ける獣医のそばを離れなかった。

 「これからのことは全然考えられない」と丸一さん。防疫措置が終わり、自宅でぼんやりと過ごしている。

 人口約1万7000人の川南町にとり、畜産は基幹産業。しかし、町内で飼育されていた牛約1万頭、豚約13万頭は既に半数が殺処分対象となった。スーパーなどには、消毒液を染み込ませたマットが置かれ、道路は石灰で白くかすむ。飲食店を営む岩崎富子さん(82)は「人が外に出てこないので商売にならない。被害が出た農家の顔が浮かんで涙が出てくる」と話す。内野宮正英町長は「このままでは町は壊滅する」と沈痛な表情を浮かべた。

 JA宮崎中央会の試算によると、全体の被害額は15日現在、殺処分に伴う家畜の損害など161億円に達する。

 ◇予防的措置強化の声も

 感染拡大防止には、何が必要なのか。

 農林水産省の専門家委員会は、移動・搬出制限区域を設定して消毒、感染確認・疑い例の出た農家・農場の家畜を殺処分して封じ込める現行の防疫措置徹底を提言している。しかし、感染疑いの出ていない農家・農場の家畜も、予防的見地から殺処分すべきだとの意見が出ている。えびの市の村岡隆明市長は10日、赤松広隆農相に「農家には自分の農場から口蹄疫が出るかもしれないという恐怖が広がっている。他に迷惑をかける前に殺処分してほしいという危機感がある」と訴えた。

 家畜伝染病予防法を超えた方策に、赤松農相は「人の財産権を侵して殺すから法に基づいて補償する。病気でないものを税金で補償することはあり得ない」と否定した。

 もちろん、自分の家畜は感染を防ぎたいと奮闘する農家も多い。県幹部は「必死で家畜を守ろうとしている農家の心を折りたくない」と、予防的殺処分に慎重な姿勢を見せる。

 ◇子牛供給、全国に打撃も 松阪牛、4割宮崎産

 口蹄疫の直接的な被害は宮崎県内にとどまっているが、影響が全国に広がる可能性もある。同県で生まれた肉用子牛は全国各地でブランド和牛の「素牛(もとうし)」として使われているからだ。発生を受け、同県内で子牛を扱う7市場は4月下旬から自主休業しており、長期化すれば子牛を買い取って育てる肉牛生産者(肥育農家)も打撃を受けかねない。肥育農家側も宮崎産の出荷再開を待つか、調達先を他産地にするか、難しい判断を迫られている。

 宮崎県畜産課によると、08年度に県内で生産された子牛7万8391頭のうち2万9358頭が県外に出荷された。上位は佐賀県(2784頭)、三重県(2695頭)、熊本県(2513頭)、鹿児島県(2281頭)など。それぞれの産地で宮崎産は大きなウエートを占めている。

 最高級の和牛として知られる「松阪牛」の産地、三重県松阪市農林水産課によると、09年度に地元生産者が導入した素牛5397頭のうち宮崎産は44%の2357頭を占め最多だった。「肉質の評価が高い上、他県産より生育期間が短く、コストを抑えられる」と市の担当者は話す。

 業界団体などで構成する松阪牛連絡協議会副会長の生産者、瀬古清史さん(61)は「(入荷停止が)3、4カ月で収まれば問題はないが、長引けば東北地方で買い付けようかと思っている」と懸念。ただし、宮崎とは長い付き合いだけに「人情としては宮崎でいきたい」と悩ましげだ。

 産地により牛の飼育方法も違う。宮崎県の全国農業協同組合連合会(全農)関係者は「餌のやり方や管理の仕方などさまざまな違いがある。肉用子牛の生産は九州・沖縄で4割以上を占めるが、北海道や東北などで埋めきれるか」と指摘する。

 農林水産省畜産部は「今のところ子牛の供給全体に大きな影響は出ていない」としているが、今後も宮崎産子牛の取引再開にめどが立たなければ、全国的な供給確保策も課題になりそうだ。【行友弥、橋本明】

小学館文庫小説賞に永井さん(産経新聞)
<鳥取県>「アイリス」バトル参戦 平井知事、ロケ誘致に自身(毎日新聞)
普天間政府方針で官房長官、5月末の「閣議了解なし」を示唆(産経新聞)
23歳男性、刺され死亡=知人の男を逮捕へ―宮城県警(時事通信)
口蹄疫被害 政府「失政」の懸念 農水相に批判集中(産経新聞)

<水俣病>救済申請受け付け 新潟(毎日新聞)

 水俣病被害者救済特別措置法(特措法)に基づく救済申請の受け付けが6日、新潟県で始まった。熊本、鹿児島県では今月1日から受け付けている。新潟県は、対象が450人に上るとみている。

 受付窓口は、県と新潟水俣病が発生した阿賀野川流域の新潟、阿賀野、五泉の3市と阿賀町。

 申請者は、指定医療機関で感覚障害の程度についての検診を受け、症状により専門医らでつくる県の検討委員会が(1)一時金(210万円)、療養費(医療費自己負担分)や療養手当(毎月1万2900〜1万7700円)を受けられる人(2)療養費のみの人(3)非対象者−−のいずれかに判定する。

【関連ニュース】
水俣病:救済対象2500人 最終提訴
水俣病:「納得できぬ」「感謝したい」…54年の思い複雑
水俣病:首相、国の責任認め謝罪…慰霊式に初の参列
水俣病:慰霊式…首相、初の参列
水俣病:鳩山首相「改めておわび」 救済策の閣議決定で

<事故>「花見せたい」…61歳娘の車転落 95歳母も死亡(毎日新聞)
「看護の日」制定から20年、都内でフォーラム(医療介護CBニュース)
競輪事業、議会質問で便宜?函館市議ら聴取へ(読売新聞)
辺野古修正案、自民も検討を=石破氏(時事通信)
鳩山由紀夫首相の軽さこそわが国の「最大の脅威」ではないか(産経新聞)

荒井幹事長「小異を捨てて大同につく」 新党会見で決意(産経新聞)

 【舛添新党会見詳報】(5)

 荒井広幸幹事長「22日、旧改革クラブメンバーで両院議員総会を開き、舛添さん、矢野さん、小池さんの3人の入党を了承し、中村(喜四郎衆院議員)さんの離党を認めました。本日14時から新メンバー参加による議員総会を開きました。まず党規変更、党名変更、役員改選を行いました。新党改革、これを受けて先ほど東京都選管に届け出をすませましたので、政党に新党改革、舛添代表となっておるわけでございます。なお、先ほど大江(康弘参院議員)さんから離党の届け出をいただきました。また自民党との会派を解消する旨を、自由民主党さんにお伝えした。さらに、その会議では、政策等についての合意をいただきました」

 「われわれそれぞれメンバーは日本のこの危機を脱出するために、今、やらずにどうするんだ、行動を起こす、これは今じゃないか。みんなが共有して、舛添代表の話のように今日に至った次第でございます。それぞれメンバー、それぞれに交流はあったが、鳩山民主政権のやることなすことがあまりにも国民目線からかけ離れている。ならば、日本のトップリーダーに、もっともふさわしい、舛添要一という逸材を扇の要にして、今、行動するしかないと決意をして、わずか2週間ぐらいですが、がーっと魂をお互いに呼ぶようにして、結党という運びになったわけでございます」

 「たびたびにわたり、政策協議を行いました。党運営のあり方、終盤国会、重要法案を控えております。この対応。そして参議院選挙の取り組みなど、手順を尽くし、手続きを踏み、志ある有志6人が今、まずここに集った。こういう次第です。民主党はだめ、自民もふがいないという中、国民皆さんの、政治不信、政党離れはいかがですか。こんなに不信が高まっているときはないと思います。このままでは日本の安全が壊れる。皆さんの生活が壊れる。子どもたちの夢も壊れる。われわれは身を捨てて、子どもたちの未来に夢をつくりたいとの決心で、信頼回復の政治を行うためには、参議院選挙はラストチャンスだ。参院選前にみんなでたちあがろう、苦しくてもやろう、こういうことで今日に至りました」

 「もとより従来のやり方や、個々のメンバーの志や活動だけでは、こうした重要な問題は解決できません。しかし、幸いにして皆さんどうですか。幸いにして、国民の信頼をつなぎ止めている唯一の政治家は、この舛添要一さんのほかにおりません。舛添要一さんを改革のど真ん中に据えて、政治改革、日本の一大改革を断行していきます」

 「党名使用に関する法律というのがあります。だぶってはならないんです。そうしますとこれが、来週月曜日、26日なんです。事務的な手続きを考えますと今日結党する以外に時間はなかったんです。タイムリミットが今日です。あまりに時間がありません。手続きが非常にかかります。私も何度かこの新党の手続きをやってまいりました。間に合わない、改革クラブの名称変更等による新党立ち上げという方式をとらせていただきました。同時に国民の浄財である政党交付金を本当に大切に有効に使わせていただいて、国民の目線からの政治を行ってまいる覚悟です」

 「小異を捨てて大同につく、メンバー全員大同団結して、日本の新しい政治スタイルを、舛添要一とともに、皆さんに、一緒になってつくっていきたい。国民参加による開かれた政党を目指してまいります。

 新党改革が今、誕生した経緯をお伝えしました。参議院では社民党の5人を上回る、6人の、参議院だけの政党であります。参議院が要です。日本をかえるにはこの選挙しかない。われわれは立ち上がった次第です」

【関連記事】
舛添氏離党の引き金「幹事長の答えがなかった」
詳報(1)矢野氏「舛添代表を頂点に、元気な日本を取り戻す」
舛添氏に自民、厳格処分方針 参院選へ警戒見え隠れ
堀内恒夫氏、スポーツ省作る!政界に剛速球
舛添新党との連携、橋下知事が否定

情報管理徹底を 米側「怒り心頭」日本政府に厳重抗議(産経新聞)
<赤ちゃん置き去り>大学病院トイレに 愛知・豊明(毎日新聞)
JR福知山線 追悼慰霊式…脱線事故から5年(毎日新聞)
米兵放火の賠償金8年未払い、防衛省作業遅れ(読売新聞)
仙谷担当相 閣内から批判相次ぐ 衆参同日選発言(毎日新聞)

都心で41年ぶり遅い雪 上越新幹線運休、交通乱れ(産経新聞)

 強い寒気と低気圧通過の影響で17日、関東甲信や東北南部の各地で雪やみぞれが降った。東京都心でも早朝にうっすらと積もり、気象庁によると、これまで最も遅い積雪を記録した昭和44年4月17日と41年ぶりに並んだ。

 都心のほか横浜、甲府、宇都宮、前橋、埼玉県の熊谷でも雪が降り、降雪記録としても最も遅かった44年に並んだ。千葉は63年4月8日に降ったのがシーズンの最も遅い降雪日で、記録を更新した。

 宇都宮で1センチの積雪があったほか、東京では、午前5時半過ぎにみぞれが雪に変わり、同6時20分ごろには積雪を観測。1・4度まで気温が下がった。東京消防庁によると、台東区内で女性(66)が自転車で転倒し、骨折するなど7人が転倒によるけがをした。

 JR東日本によると、群馬県の上越新幹線上毛高原駅などで雪がポイントにつまって切り替わらなくなり、上越新幹線4本が運休、16本に最大100分の遅れが出て約1万人に影響した。

 東京メトロ東西線の中野駅でもポイント不具合で一時運転を見合わせるなど、各地の交通機関に乱れが出た。

1Q84 朝からファン、書店「ありがたい話題」 名古屋(毎日新聞)
<首長新党>18日旗揚げ 杉並区長が代表に(毎日新聞)
【from Editor】同音異義語たちと仲良く(産経新聞)
<チリ大地震>津波に6割避難せず…内閣府など調査(毎日新聞)
コピー用紙単価、自治体で最大2・5倍の差(読売新聞)

チューリップ祭に戻れる?市長オランダで足止め(読売新聞)

 アイスランドの火山噴火による空の便の乱れで、オランダのリッセ市を訪問している富山県砺波市の上田信雅市長が当初予定していた19日に帰国できなくなった。

 22日には同市が年間で最も力を入れるイベントの一つ、「となみチューリップフェア」を控えているが、それまでに戻って来ることができるかどうか不透明で、開幕の市長あいさつができない事態も想定される。

 オランダのリッセ市は砺波市と姉妹都市協定を結んでいる。締結20年を迎える2012年を控え、砺波市オランダ友好交流協会(米原蕃会長)の34人が現地を訪れるのに合わせ、市長も訪問した。15日に出国し、リッセ市長との会談や、アムステルダム市視察などを行った。

 19日午前8時頃に関西国際空港に到着する予定だったが、オランダ・スキポール空港が閉鎖されていることから、18日午前に搭乗予定だった便の欠航が決定。これを受けて19日朝に砺波市役所で行った会議で、20、21の両日の市長の公務をキャンセルすることを決めた。ほかの空港に陸路で移動して帰国する案も浮上したが、多大な経費がかかることなどから、空港の閉鎖解除を待つことになった。

 市長不在となるものの、携帯電話で指示を仰ぐため、職務代理者は設置しない。砺波市事務専決規則により、市長決裁は副市長が代決、後で市長の認定を受ける手続きとなる。

 アムステルダム市内のホテルに滞在している上田市長は「団員は全員元気で、今のところ健康状態に問題はない。関係者には心配をかけているが、自然相手のことであり、ご容赦願いたいと思っている。今は、一日も早く空港閉鎖が解除となり、帰国できることを願っている」とコメントした。

 ◆ブラジルの代表団は富山市来訪中止◆

 富山市は19日、姉妹都市のブラジル・モジダスクルーゼス市が同日予定していた代表団の来訪が中止になったと発表した。アイスランドの火山噴火の影響で、中継地のパリで足止めとなったため。

 モジダスクルーゼス市はブラジル・サンパウロ州にあり、人口約37万人。同市長ら19人は15日にブラジルを出発。パリ経由で18日に成田空港に到着し、羽田から富山に入る予定だった。代表団は富山市から岐阜県関市、名古屋市、浜松市、東京、千葉県柏市を回って27日にブラジルに戻る日程で、日本への便が確保でき次第、来日して残りの日程をこなす意向という。

<公取委>住友電工産業電線や協和電線など立ち入り(毎日新聞)
村本さん死亡「軍が実弾発砲」…タイ政府は否定(読売新聞)
両親殺傷 容疑で無職の23歳男逮捕 北海道・北見(毎日新聞)
自民・小池氏も離党表明=参院選公認で県連と対立(時事通信)
日本人40人乗りバスが追突=死者、重傷者なし−オーストリア(時事通信)

キャッシュカード詐取で携帯販売会社社長を逮捕(産経新聞)

 銀行の通帳とキャッシュカードを詐取したとして、警視庁捜査2課は詐欺などの疑いで、宮城県石巻市蛇田東道下、携帯電話販売会社「シスコム」社長、石母田(いしもた)豊容疑者(47)を逮捕した。同課によると、石母田容疑者は容疑を認めている。

 石母田容疑者は架空名義で30以上の口座を開設しており、昨年末から今年初めにかけ、一枚3万5千〜4万5千円でカードなどを売却していたとみられる。

 逮捕容疑は昨年12月ごろ、仙台市内の銀行で、「石田」という架空の人物を装って偽造した健康保険証などを提出、通帳1通とキャッシュカード1枚を詐取したとされる。

 同課が今年2月に犯罪収益移転防止法違反容疑で逮捕した男の供述などから石母田容疑者が浮上。詐取したカードなどは振り込め詐欺グループにわたった可能性があるという。

【関連記事】
当たりくじ券を偽造 79歳が87歳から3万円詐取の疑いで逮捕
家宅捜索で冷蔵庫から犬の死骸 詐欺罪での立件視野 
出会い系利用料名目で詐取 大阪府警容疑で5人逮捕 被害2億円か
無登録で投資勧誘の疑いで3人を逮捕 避妊具自販機の設置で 岐阜県警
「新聞の集金に来ました」と詐欺未遂 無職男を逮捕 小金井署
外国人地方参政権問題に一石

<超小型衛星>11年8月打ち上げ 星の位置など観測(毎日新聞)
割引財源で高速道建設=財政特措法改正案審議入り−衆院(時事通信)
「また来た…」無銭飲食の疑いで男逮捕 柏(産経新聞)
小6にわいせつ容疑で消防士逮捕=「たくさんやった」−兵庫県警(時事通信)
東海道新幹線と接触、男性負傷=一時運転見合わせ−JR京都駅(時事通信)

川崎汽船のコンテナ船、2発被弾=けが人なし−ソマリア海域(時事通信)

 国土交通省に6日までに入った連絡によると、アラビア半島イエメン沖のアデン湾で5日午後9時ごろ(日本時間)、川崎汽船(東京都港区)が運航するコンテナ船(パナマ船籍、約9万8700トン)が海賊船とみられる不審なボート1隻に追跡され、発砲を受けた。左舷後方部とデッキに1発ずつ被弾したが、乗組員24人にけが人はなかった。日本人の船員はいなかった。
 同省によると、コンテナ船は約45分にわたり追跡されたが、ジグザグ航行し、最終的に振り切った。使用されたのは、重火器とみられる。同船はシンガポールから欧州に向け航行中で、そのまま航行する。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕多発する銃犯罪
拳銃と実弾42発、山中で発見=強殺未遂事件で逮捕の男供述
強盗殺人未遂容疑で男を逮捕=景品交換所に発砲
シー・シェパード活動家を起訴=傷害罪も、犯意否認
事件関連で射撃残さ付着か=コート、アタッシェケース

<佐世保小6殺害>事件報告書で人権侵害 弁護士会是正勧告(毎日新聞)
<東京地検>立川支部検事を減給処分 被害女性と不適切交際(毎日新聞)
大阪の児童養護施設、保育士が2女児に性的虐待(産経新聞)
犬山祭 満開の桜の下で開幕 客を魅了、車山13両 愛知(毎日新聞)
スーツケース遺体 男が出頭、関与ほのめかす…石川県警(毎日新聞)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM